SUSHI TOKYO TENのおまかせコースはうまい寿司が大量に出てきて最高

婚姻届けを出した11/1が寿司の日ということでその日の夜に横浜NEWoManにあるSUSHI TOKYO TENでお寿司を食べてきました。

7000円でにぎりやつまみを順々に出してくれるコース。味もボリュームも最高だったので出てきたものを順番通りまるっと紹介していきます。めちゃくちゃ多いので圧倒されてください。

浅利のお出汁

まずは浅利のお出汁から。胃が温まって戦闘モードに入ります。

シャンパン

飲み物はシャンパンを注文。その他日本酒とかビールとかハイボールもありました。店員さんの注ぐ技術がすごい。

本マグロのトロ

で、さあここから始まるぞと思ってたらいきなり本マグロのトロが出現。

初手トロはやばくないですか。サビから始まるJ-POPみたいな展開で攻められてこのあといったいどうなっちゃうの~~~!!!!ってなりました。

三陸のめかぶ

次は三陸のめかぶ。

トロから一気にいくのかと思いきや、またポン酢でさっぱりとしてしまいました。思わせぶりな態度に振り回されてメンヘラになりそう。

さわら

次はさわら。あまり食べたことなかったけど歯ごたえがあっておいしいかったです。これもさっぱりめの味付け。

戻り鰹

戻り鰹。臭みが全然なくてさわやかな味。

真鯛

ぷりぷりの真鯛。

かんぱちの漬け

それからかんぱちの漬けと続きます。味が染みてて最高。

たらこのわさび漬け

寿司の合間にはたらこのわさび漬け。正直福岡で食べた明太子よりおいしかったです。

帆立の磯辺焼き

帆立の磯辺焼き。熱々の焼きたて手渡ししてくれます。身もしまってるし、なにより海苔が香ばしい。

鰯

鰯。今回のMVPです。肉厚でしょうがの風味が効いたガツンとくる味。まさか鰯がこんなポテンシャルを秘めてるとは思っておらず、妻と二人で「おい、嘘だろ?」ってなりました。

伊勢海老

そろそろ終盤だろうと思ってたらいかつい伊勢海老が出現。

バター醬油とレモンの味付けが最高で無心でほじってました。まじで止まらなくなるので法で規制すべきだと思う。

あわび

伊勢海老の皿を下げらていくのを名残惜しく見つめていたらすかさずあわびができてきました。くにゅくにゅしてしいたけみたいな食感。

あん肝

続くあん肝は甘くて濃厚。完全にスイーツ。

べったら漬け

べったら漬けでまたも口直し。え、まだ続くの?

カマス

カマス。

いくら

はいきました、いくら。一粒一粒がはっきりわかるぐらいしっかりしてて、削った柚子がいいアクセントになってました。痛風になっても後悔しないおいしさ。

長芋のわさび漬け

長芋のわさび漬け。

富山の白えび

富山の白えび。

マグロの漬け

マグロの漬け。さすがにそろそろ終わりでしょ。

バフンウニ

バフンウニ。高級そうな木箱からガガガガって箸ですくってシャリの上にぺっと乗せてくれました。

ねぎとろ巻き

ねぎとろ巻き。ねぎがしゃきしゃきで甘い。

穴子

穴子。これギブアップするまで板前さんが攻め続けてくる新しいゲームかなんか?

浅利のお味噌汁

浅利のお味噌汁。ハマグリかってぐらい身がでかい。

卵焼き

卵焼き。

かんぴょう巻き

かんぴょう巻き。

バラちらし

バラちらし。ついにラストだそうです。

お祝いに気合いれますねって具を特別仕様にしてくれたのはいいんですが、最後に出すボリュームじゃねえ。味は128点。

シャインマスカットと長野パープル

シャインマスカットと長野パープルで締め。

以上が今回おまかせコースで出てきた全26品です。これに飲み放題付きで1人7000円はコスパ良すぎ。というかめちゃくちゃ苦しくて家まで小股で帰りました。

途中職人さんに「おなかの具合どうですか?」と聞かれて「おいしいんで全然いけます」っていったのが完全に原因ですね。みなさんは素直に答えて無理せずたのしんでください。

なにはともあれ味もボリュームも値段も最高でした。また来年もお寿司食べながら結婚記念日を祝えたらいいな。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする