冬はエアロプレスで淹れたコーヒーがうまいぞ

寒くなってきましたね。こうも寒いとコーヒーを買いにコンビニに行く気も起きません。

そんな中僕はいつも自宅でエアロプレスという抽出器を使ってコーヒーを淹れているのですが、意外とみんな知らないらしくなにそれ!ってびっくりされるのでここで紹介しておこうと思います。

エアロプレスとは

こんなやつ。でかい注射器みたいな器具で粉とお湯を入れたあと上からぐっと力を加えることで空気圧で抽出するという仕組みです。

一見ややこしい見た目をしていますが

  • ペーパードリップみたいに落ちるまで待つ必要がない
  • 圧力を加えるためコーヒーの成分がしっかり出る

ということで手軽に美味しいコーヒーが飲めるのが特徴。以前は普通にペーパードリップとかやってましたが、便利すぎて今ではこれしか使わなくなってしまいました。

エアロプレスでのコーヒーの淹れ方

  • エアロプレス
  • コーヒー粉
  • 計量カップ
  • キッチンスケール(はかり)

用意するのはこの4つ。

まずはお湯を測って沸かしましょう。150mlでカップ1杯分。ただ、粉に水分を吸われる&ギリギリまで抽出すると雑味が出やすいのでお湯は少し多めにするのがおすすめ。

エアロプレスにコーヒーの粉12gをいれてお湯150mlを注ぎます。

すかさず付属のヘラで撹拌。

内側に専用のフィルター挟んだ蓋をセットし、そのまま1分蒸らします。

最後にカップに注いでいきます。ひっくり返してカップに乗せたら上からぐっと押していくのですが、下に向けた瞬間コーヒーが漏れることがあるので逆にカップをエアロプレスにかぶせてからまるごと逆さにするのがおすすめ。

あと押し込んでる間はかならずカップを押えましょう。僕は過去に2,3回ミスって部屋が終わりました。

出来上がり。オイルが多めで口当たりまろやかなコーヒーが楽しめます。

ちなみに僕は普段粉25gに150mlのお湯を注ぎ、出てきた濃い目のコーヒーにお湯150mlを加える方法で1度に2杯分作っています。それをこの保温性抜群のサーモマグ入れ、1日かけてちびちび飲むのが好き。

あとから加えるお湯を牛乳に替えればカフェオレにすることもできます。

そして肝心のコーヒー粉は澤井珈琲のカフェインレスブレンド。しっかりした味わいでありながら、カフェイン99%カットなので夜でも気にせず飲めます。胃を痛めやす人にもおすすめ。

1kgで4000円なので1杯ちょうど50円ぐらい。安い。いちいちコンビニにコーヒーを買いに行っていた人は絶対こっちにしましょう。

created by Rinker
エアロプレス(AEROPRESS)
¥5,380 (2021/03/08 22:41:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
THERMO MUG (サーモマグ)
¥2,591 (2021/03/08 22:49:28時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする